読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20001Hzの慟哭

すなわち魂の叫び

浸水する方舟

将来への漠然とした不安に取りつかれながらも、何も行動に移さない私はなんと愚かなのでしょう。このままでは座して死を待つのみですが、それでは方々に申し訳が立たないので、いろいろ頑張ってみようと思います。

 

ところで、最近「幼女戦記」というアニメを見ました。数年前までは放送しているアニメすべてを網羅しないと気が済まないアニメフリークだったのですが、二十歳を超えてからは気力の衰えからか、数本、それも頭を空っぽにして見れるライトなアニメしか見ないようになっていました。ですので幼女戦記は私にとって久々に見る硬派(?)なアニメです。

アニメにおいて戦争×萌えの組み合わせはもはや鉄板となりつつあります。萌え要素を取り入れることによって視聴者の層がぐっと広がりますからね。私もそれにつられたクチです。

ただ安易に萌えをぶち込まれると「どうせお前らこういうのが好きなんだろ?」的な思惑が透けて見えてしまって冷めてしまいます。その点、幼女戦記は萌えの配分比率が絶妙ですね。ああいう塩をひとつまみみたいな感じが私にはちょうどいいです。

 

最後に、この記事を書いてて思ったんですが「萌え」って死語なんですかね?最近めっきり見なくなりましたが。